寒い雪山で注意したいいくつかの点

天候に対処できる装備

>

どんな服装が必要か

こんな道具があると安心

気温が低く急に天候が変わる可能性が高い雪山で、ホイッスルや方位磁石そしてサバイバルシートはいざという時に役立ちます。
スマホもしくは携帯電話そして予備の電源は、家族やレスキューに連絡を取りたい場合に必要です。
簡単な救急用品を持っていくと怪我や具合が悪くなった時に必要で、ヘッドライトや登山地図もあると便利です。

簡単に栄養補給が出来る食べ物やのどが渇いた時に必要な飲料水を用意するのもポイントです。
寒い時期だから水分補給はそれほど必要ないと思うかもしれませんが、脱水症状にんはらないためにも飲料水は必要になります。
これらの道具は登山の専門店でそろうので、雪山が寒い事を考えると必要であり事前に揃えておくと安心です。

出来るだけ複数で行動する

雪山で注意をしたい点に出来るだけ複数で行動する事があります。
寒い場所での登山は単独だとリスクがあるからです。
最近では山岳ガイド付きのツアーがあるのでこのサービスを利用すると安心です。
人気があるエリアだといくつかのコースが選べます。

知人で慣れている方がいれば出来るだけ一緒に行くのが理想的です。
比較的に近くの山でも寒い雪山へ出かける際は、これらのどちらかの方法で登山するのが注意点になります。
複数で登山をする事で、寒い雪山でのリスクを避ける事が可能です。
もしもの時は誰かが救助を求められる体制で望むのが注意点になります。
分担して装備を運べるので一人で登山をするよりも、登る際の体力や費用の負担が減ります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る